女医

脂漏性角化症の病気について知る|早めの治療で病気を治そう

慢性腎不全でも仕事を継続

病棟

世田谷区内には血液透析が受けられる病院やクリニックが多く、慢性腎不全でも仕事を続けながら通院治療を受けている人が多数います。透析に慣れないうちは体調が安定しない場合もあるので、車の運転は控えた方がいいでしょう。夜間透析に対応したクリニックは、仕事帰りに利用する人の間で特に人気があります。

Read

イボが増えたら皮膚科へ

院内

脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)とは、皮膚にできる良性の腫瘍です。別名「老人いぼ」などとも呼ばれ、その名の通りお年寄りにできている人が多いもので、一般には80歳以上の高齢者に誰しも脂漏性角化症のいぼがあると言われています。しかし、早い人は20代でもできてしまうこともあり、いぼが徐々に大きくなったり、増えることもあります。脂漏性角化症が目立つ場所は顔や首・胸元・手の甲などがありますが、この病気のいぼは全身のどこにでもできるものです。いぼができる要因に紫外線の蓄積があるため、長期にわたって紫外線を浴びやすい顔や首・手の甲などが多くできやすいのです。海水浴などで水着で紫外線を浴びる機会が多い人は、背中などにもできやすくなります。

脂漏性角化症は良性腫瘍のため、いぼができてそのまま放置しても命にかかわることはありません。しかし、徐々に増えたり大きくなる特徴があるため、場所によっては治療を受けたほうがいい場合もあります。例えば顔にできてしまって、それが原因で悩んでしまったり外出できなくなるようになってしまうのであれば、皮膚科を受診しましょう。小さいものであれば、液体窒素やレーザー治療などできれいに除去することが可能です。基本的に良性ですが、脂漏性角化症でも悪性の場合もまれにあります。素人判断は危険ですので、いぼが急に大きくなったり、数が急に増えた場合や黒ずんできた場合などは早めに皮膚科を受診しましょう。自己判断でいぼを削ったりすることも厳禁です。傷から細菌が入って化膿したりするとかえって危険です。

日本で急速に患者数増加中

聴診器

潰瘍性大腸炎は今の段階では完治しない病気のため、長期にわたっての治療が必要になります。症状がでない緩解時には普通に日常生活を送ることが可能ですが、再発した場合はアルコールや香辛料を控えるとともに、食事制限をする必要があります。

Read

患者数が増加している

病院

癌の発症が多くなっているものに肺がんがあります。喫煙やアスベストなどの影響で肺に傷つくことで発症しやすくなっています。肺に病巣ができて成長するケースもありますが、他の臓器の転移で生じる場合もあります。

Read